スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これは自分の【仕事】なのか」を考える

みなさんこんちには。今私のいるところは雨があがっています。でも風が強い!みなさまいかがお過ごしですか?

さて、今日のブログのタイトル「???」ですよね。でも、とっても大切なことと思っているので書き留めたいと思います。

現在私は、とあるNPO支援の中間支援機関で月1回の研修の仕事を承っています。

私が以前センター長をしていた足立区NPO活動支援センターは、たくさんいただく相談やお問い合わせの内容や、それをスタッフがどのように対応したかをデータベース化し(以前は紙ベースでしたが、必要性を強く感じたので、Accessで自作しました)、いつでも引き出せるようにしています。それは、スタッフ間の情報共有を綿密にして、相談者さんに何度も手間をかけさせることを防ぐとともに、スタッフ間の知識の向上、品質保証に役立てるためです。

今研修を担当している中間支援期間は、まだまだ相談やお問い合わせの数が少ないので、紙で管理をしているのですが(これもデータベース化したほうがよいとアドバイスしています)、研修では相談対応や電話対応の情報共有を毎回行うようにしています。

先週の研修でこんなことが話題にあがりました。

お問い合わせの内容は、詳細には書きませんが、要約すると「いろんなところに問い合わせをしたけれど、たらいまわしに。自分の資格を活用して、●●●なNPOで働きたい。NPOを探して欲しい」という問い合わせが来て、うまく対応できず、困っていることのでした。

一見、NPO支援の中間支援であるならば、それに親身に対応するべきと思いますよね?

でも私はちょっと違うと思うのです。



例えば、あるNPOがイベントを企画して出展者を探しているがうまく集客できない。出展者を探す協力をして欲しいと要請が来たとします。そこで、団体に代わって、出展者を一生懸命探してあげるのがいいことなのでしょうか。一概にいいとは言えませんよね。長い目で見たときに、その団体の出展者を探す方法に問題はないかを検証して、よりよい方法を見つけ出し、自分でチャレンジしてもらい、成功したら、そのノウハウを次回にも活かしてもらって、自分たちでなんとかできるようになってもらうのが一番よいのではないでしょうか。対処療法で乗り切っても、相手にまた頼られてしまうかもしれません。

また、団体に代わって、出展者を一生懸命探してあげる際に、組織として「コスト」がかかるという認識をスタッフ全員が持つ必要があります。人件費、通信費、その時間でするはずだった仕事が遅れることのリスク等々を考えて、自分が今それに着手する必要性があるのか、優先順位を最高にしてもいいのか、着手するまえにちゃんと考え、力を合わせて働いているスタッフに説明ができる状態にするということが重要です。それができないのであれば「仕事時間中にボランティアをしている」ということになります。

中間支援組織は「代行業」を単純にするところではありません。その人たちが「できるようになる」ことを、側面から支援する組織のはずです。

「ひとりひとりにきっちり応えられない」ことに落ち込むのはもうやめましょう。

ひとりひとりによろこんでいただくことよりも、もしそれが受託事業で、委託先が「とりあえずうまくまわしてくれればいいよ」的であっても、中間支援組織の存在意義に合致した仕事ができているかどうかにこだわったほうが、よい仕事ができると思います。

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

まちづくりと縁結び@笹原アスカ

Author:まちづくりと縁結び@笹原アスカ
訪問ありがとうございます!「En-joint」笹原アスカです。

人と人や組織と組織の幸せな「縁結び」をサポートし、
それぞれの強みが発揮され、「未来に普通にあるサービスやしくみ」がたくさんできるような、おもしろく、暮らしやすい地域社会づくりのお手伝いができたらと、日々お仕事させていただいています。


プロフィール
■経歴
・NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター事務局スタッフ
・足立区NPO活動支援センターセンター長
・東京都地域資源活用イノベーション創出助成金地域応援ナビゲーター(現)
・NPO法人まざっせKORIYAMA 都市農村交流事業アドバイザー


■プロフィール
1977年福島県郡山市生まれ。安積女子高校、立命館大学卒業。 一般企業、協同組合、若者の起業家支援を行うNPOに関わり、2006年よりNPO法人コミュニティビジネスサポートセンター事務局スタッフ。翌年より足立区NPO活動支援センター長に就任。2011年3月退任。地域密着の市民起業(コミュニティビジネス)に関する講義の講師や立ち上げ支援、行政と協力できるボランティア活動育成プログラムの実施、中間支援組織の職員研修支援などのほか、地元福島の応援をこつこつと。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterボタン
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。