スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母校:旧福島県立安積女子高校に行ってきました

6月7日の夜から、実家のある福島県郡山市に帰省し、9日、東京に戻る前に、母校である旧福島県立安積女子高校(現安積黎明高校)に行ってきました。

震災後の帰省のたびに見る校舎は一見何も影響がないように見えました。
s-IMG_1246.jpg

しかし、実は校舎の半分以上が使用できない状況で、1年生と2年生は体育館で勉強しているとのこと。
卒業生として何かできることはないかと思い、行くことにしました。

当日は教頭先生が対応してくださいました。
まずは、被害状況ですが、北側の校舎は壁の崩落や亀裂等で立ち入ることすらできません。正面玄関の右側の2階にあった進路指導室の灯油の配管が壊れて、校舎に入ると灯油のにおいがぷんとします。中から、外が見えます。生徒用の玄関も使えません。
s-IMG_1247.jpg s-IMG_1251.jpg s-IMG_1252.jpg

校舎に入ってみなくては分からなかったこと。本当に驚きました。
そして体育館では、パーテションで区切られただけの教室でたくさんの生徒さんたちが勉強していました。
南側の校舎にあった実験室や美術室などは3年生用の教室にしたので、渡り廊下が美術室になっていました。そしてGWの帰省時にはなかったのですが、グラウンドに仮設のプレハブ校舎の建設が始まっていました。7月後半の完成を目指しているそうです。
s-IMG_1248.jpg s-IMG_1249.jpg

ひと通り見学させてもらったのち、卒業生として何ができるか、どんな応援を望んでいるかを教頭先生に伺いました。







続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

自己紹介

まちづくりと縁結び@笹原アスカ

Author:まちづくりと縁結び@笹原アスカ
訪問ありがとうございます!「En-joint」笹原アスカです。

人と人や組織と組織の幸せな「縁結び」をサポートし、
それぞれの強みが発揮され、「未来に普通にあるサービスやしくみ」がたくさんできるような、おもしろく、暮らしやすい地域社会づくりのお手伝いができたらと、日々お仕事させていただいています。


プロフィール
■経歴
・NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター事務局スタッフ
・足立区NPO活動支援センターセンター長
・東京都地域資源活用イノベーション創出助成金地域応援ナビゲーター(現)
・NPO法人まざっせKORIYAMA 都市農村交流事業アドバイザー


■プロフィール
1977年福島県郡山市生まれ。安積女子高校、立命館大学卒業。 一般企業、協同組合、若者の起業家支援を行うNPOに関わり、2006年よりNPO法人コミュニティビジネスサポートセンター事務局スタッフ。翌年より足立区NPO活動支援センター長に就任。2011年3月退任。地域密着の市民起業(コミュニティビジネス)に関する講義の講師や立ち上げ支援、行政と協力できるボランティア活動育成プログラムの実施、中間支援組織の職員研修支援などのほか、地元福島の応援をこつこつと。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterボタン
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。